不動態化処理(不動態被膜)とは?

ステンレス(SUS)が錆びない理由は、表面に見えない極薄の膜(数nm)、「不動態被膜」「酸化被膜」という膜が形成して素材の金属を保護しているからです。
ステンレスに含まれるクロム(Cr)と酸素( O₂ )が反応して膜を形成するその膜が不動態被膜です。
材質そのままの状態では膜は形成され維持されますが、加工時の溶接や切断など熱の変化や傷など手を加えられる事により膜が浸食され、錆や耐久性の問題が発生します。
膜を再形成する目的に不動態化処理のを施します。これにより手を加えられたところにも耐食性を付与できます。
不動態化処理の表面処理法として「酸洗い」「電解研磨」「化学研磨」などあり、弊社では強酸である硝酸に漬け込み洗浄する工法「酸洗い」を採用してます。
他の工法に比べ比較的安価で均一な状態にステンレス自体を空気と反応させる事が可能で、ステンレス本来の正常な状態「不動態被膜」を再形成します。
弊社ではステンレス、アルミの他、チタンなどの特殊材の酸洗いも承っております。

不動態化処理事例

  • 不動態化処理
  • 不動態化処理
  • 不動態化処理
  • 不動態化処理

地図

〒340-0004
埼玉県 草加市 弁天4-23-16


MAP拡大